Webサイトの流行、2016年に流行ったストーリーテリングって?

近年、デバイスの多様化や研究等でウェブサイトの見せ方はどんどん変化してます。

また、それに合わせてユーザの見方もどんどんと変化しています。

今回紹介させて頂くのはウェブサイトの割りと新しい見せ方です。

以前まではトップページにたくさん情報を載せ、自社やサービス等のアピールをしてきました。
しかし、今はもっとユーザの求めるものに合わせたコンテンツ作りが重要となっています。

以前のようにPC(デスクトップ)主流の場合、現在の情報サイトのように、ある意味ぎゅうぎゅうの画面構成でも良かったかも分かりませんが、今日ではスマートフォンやタブレット端末等の限られた画面サイズの中で最適に見せなくてはなりません。

そんな中2016年頃にトレンドになった「ストーリーテリング」という見せ方をご紹介します。

ストーリーテリングって何?どんななの?

ストーリーテリングのWebサイトは、通常、ファーストビュー(最初に観た画面)で興味深いコンテンツを置き、スクロールをしていくと物語のようにコンテンツがつながっていくようなWebサイトのことを言うようです。

具体的に説明している記事があるので、こちら参考にしていただければと思います。
Why, How, Whatで伝える、ストーリーテリング型のウェブデザイン : まだ東京で消耗してるの?」
ストーリーテリング型のウェブデザインを考える | ホームページ制作お役立ち情報

ストーリーは各企業様、個人事業主様、個人でさまざまで、さらに誰に向けてのWebサイトなのかもはっきりしないといけません。
まずは気軽にお問い合わせをいただきウェブサイトのリニューアルを検討しみてはいかがでしょうか。


Web実績の一覧を見る

Webに関するワンポイントアドバイスを見る

ウェブサイトに関する最新の投稿

広報企画社の実績を見る

看板の実績一覧へ
Webサイト実績の一覧へ

印刷物実績の一覧へ

その他の実績一覧へ

お問い合わせフォームはこちら