よく、ページを更新したのに変化がないよ!とかお客様から言われることがあります。これって実はInternet ExplorerやChrome、Firefox等のブラウザの便利機能なんです。そんなキャッシュとキャッシュの削除方法を簡単にご説明いたします。

キャッシュとは

一度見たウェブページをブラウザ(Internet ExplorerやChrome、Firefox等)で一時的に保存し、次回より同じページにアクセスした際の表示を速くする便利機能です。

ウェブページを更新した時、このキャッシュが残っているとキャッシュを優先的に読み込むことになっております。
そこで、ページを更新した時にキャッシュが残って見られない場合は、各々ブラウザでキャッシュを削除する必要があります。

キャッシュの削除方法

キャッシュの削除の方法はブラウザによって操作が異なります。オプションから変更するのはどのブラウザ変わりないですが。
ここでは、主要ブラウザであるFirefox、Google Chrome、Internet Explorerの削除方法を紹介いたします。
※公式ページに飛びます。

Firefox のキャッシュを消去するには

Google Chrome のキャッシュを消去するには

Internet Explorer のキャッシュを消去するには

キャッシュの削除が面倒すぎてやりたくない方へ

って方もいると思うんですが、そんな時はこんな方法で簡単にキャッシュ関係なくウェブページが見られます。

・使っていないブラウザを起ち上げてウェブページをチェック(そのブラウザで対象のウェブページを見ていない場合)
・隣のデスクの同僚にPCをお借りする(そのPCが対象のウェブページを見ていない場合)
・スマホでチェック(スマホで見てもキャッシュは当然残る可能性があります。スマホで対象のウェブページを見ていない場合)

等、一度覚えてしまえばキャッシュの削除の実行までは数秒で操作できてしまうので覚えてしまったほうが早そうですが。

是非、効率的なお仕事の足しにしていただければと思います。
Web実績の一覧を見る

Webに関するワンポイントアドバイスを見る

ウェブサイトに関する最新の投稿

広報企画社の実績を見る

看板の実績一覧へ
Webサイト実績の一覧へ

印刷物実績の一覧へ

その他の実績一覧へ

お問い合わせフォームはこちら